英語初心|いわゆるロゼッタストーンは…

「他人の目線が気になるし、外国語っていうだけで重圧を感じる」という、日本国民だけが感じている、これらのような「メンタルブロック」を崩すのみで、英語というものは造作なくできるようになるものだ。人気のあるドンウィンスローの小 […]

英語初心|いつも暗唱していると英語が…

学習することは楽しいということをキーワードとして、英会話の実力を養う英語レッスンがあります。そこではテーマにぴったりの対話を用いて話す力を、トピックや歌といったバラエティ豊かなネタを使うことにより聞き取る力を向上させます […]

英語初心|子供に人気のあるトトロや魔女の宅急便などの英語エディションを見てみると…

英会話の勉強をするのだとすれば、①ひとまず何度も何度もヒアリングを繰り返すこと、②頭そのものを英語だけで考えられるようにする、③一度記憶したことを肝に銘じて長続きさせることが肝要になってきます。中・上段者には、最初に映画 […]

英語初心|英語で話しているとき…

某英語教室では、毎回能力別に行われる集団レッスンで英語学習をして、それに加えて自由に会話する英語カフェで、英会話に馴染ませています。勉強と実践の両方がポイントなのです。英語を覚えるには、「オウム返し」に繰り返すリピーティ […]

英語初心|通常英会話では…

誰もが知っている『ドラえもん』の携帯アプリの英語版「ドラえもんイングリッシュコミックス」なども登場しております。ですのでうまく使うとすごく英語自体が近くに感じるようになります。英語の発音には、独自の音どうしの相関性が存在 […]

英語初心|英語を学ぶには…

英語を学ぶには、相手の言ったことを何度も繰り返す、リピーティング、「速読速聴」のシャドウイング、音と文字のずれをなくすディクテーションなどの様々な学習法がありますが、初級の段階で有効なのは、無条件にリスニングするという方 […]

英語初心|いわゆるピンズラー英会話とは…

普通、海外旅行が、英会話レッスンの最良のチャンスであり、英会話はいわばテキストで理解する以外に、積極的に旅行の際に使うことで、やっとのこと習得できると言えます。いわゆる英会話を習い覚えるためには、渡航先としても人気のアメ […]

英語初心|緊張しないで話すためには…

いわゆる「30日間英語脳育成プログラム」は、聴き取った会話を口に出して、回数を重ねて学びます。そのようにしてみると、聴き取る力が大変にアップするという方法です。よく知られているyoutubeとか、無料のオンライン辞書とか […]

英語初心|会話の練習や英語文法の学習は…

知名度の高い英語の名言・格言・俗諺から、英語を吸収するという作戦は、英語という勉強をより長く続行するためにも、やはり敢行してもらいたいのです。Youtubeのような動画サイトとか、インターネット辞書サービスとかfaceb […]

英語初心|英語能力テストのTOEICなどで…

某英語教室では、毎回実施されている、レベル別のグループ毎のレッスンで英会話の稽古をして、その後更に英会話カフェを使って、英会話に馴染ませています。学習して、すぐに実際に使ってみることが肝心なのです。話題になっているラクラ […]

英語初心|『英語を自在に扱える』とは…

YouTubeなどの動画には、勉強の為に英会話学校の教員や先生のグループ、外国人一般客などが、英語学習を目的とする方用の英会話や英語講習の貴重な動画を、大量に載せています。話題の『スピードラーニング』の他と違う最も大きな […]

英語初心|ビジネスの場面での初対面の挨拶は…

英会話自体の多様な能力を上げるには、聞き取りや英語で会話を続けることの両者を繰り返しレッスンして、なるべく実践的な英語で会話できる能力を修得することが必要になります。確実な英語の勉強をするとしたら、①始めに何度も聞くこと […]

英語初心|著名なロゼッタストーンでは…

いわゆるiPhone等の携帯や携帯情報端末(Android等)の、英語ニュースを聞くことのできるアプリケーションを日々使うことで、耳が英語耳になるように注力することが、英会話に熟練するための最短距離だと言い切れます。オー […]

英語初心|英会話を習得するには…

緊張しないで話すためには、「長時間、英語で話すチャンスを1度だけもつ」場合に比較して、「短い時間だけでも、英語で会話するシチュエーションを何回も持つ」ことの方が、はるかに有効な手立てなのです。一般的に英語の勉強をする場合 […]

英語初心|子供向けアニメのトトロや魔女の宅急便などの映画の英話の吹き替えを見れば…

世間一般では、英語の勉強という点では、辞典そのものを最大限有効活用することは、至って大切だと思いますが、実際の学習の際に、第一段階で辞書そのものに依存しない方が実はよいのです。使い所や時と場合によるテーマに合わせた対話形 […]